スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Philologen 『直観を磨くもの』

直観を磨くもの: 小林秀雄対話集 (新潮文庫)直観を磨くもの: 小林秀雄対話集 (新潮文庫)
(2013/12/24)
小林 秀雄

商品詳細を見る



 
 新潮文庫から出された一冊、対話集とはいえ読み応えありました。

 『慧眼』という表現が相応しい批評家であり、また、文筆家である小林秀雄氏の対話集。
 本業の文芸批評以外にも、絵画などの芸術に関する造詣も深く、白黒はっきりとした批評する人物である。 また、「わからないもの」を率直にわからないと言ってのける潔さもあり、清々しさすら感じさせる。
 
 
 「歴史について」の対談で、小林・河上両氏のニーチェの取り上げ方が興味深い。

P510
小林秀雄: 宣長の学問が文献学であるということは古くから言われてきた。村岡典嗣さんはべークの文献学が、宣長の学問を説明すると考えたが、べークという人は、いわば文献学の優等生だろう。優等生では、宣長を説明することは難しいのだな。文献学もニーチェまで行かないとね。
 
河上徹太郎: あれは正統の文献学者だ。だから、自分のことを「言語学徒Philologen」と名乗っている。つまり、古言語学者だ。

小林秀雄: 文献学の過激派だよ。――文献をたよりに歴史を再建してみせるなどという仕事を、頭から認めないのだからな。彼にとって、歴史とは決して整理など利かぬ人間悲劇だ。彼の関心は、遺された文献ではない。文献の誕生だ。



 「文献の誕生」 ですか。非歴史的というべきか。 
2014.6.11
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。